ハトムギ化粧水でニキビとの長い戦いに終止符を打ちました…【思春期ニキビ・大人ニキビ】

face

こんにちは、いぬくまです。

子どもの頃からずっと悩まされ続けていたニキビ。薬を塗ったり、エステに通ったり、高い化粧水を買ったりと、色々試してニキビと戦ってきました。

毎回憎たらしいニキビに完敗し、ドクター○イやオ○ジでも勝てなかったのでいよいよ諦めていたのですが、今一筋の光を見出しました。

それがこの「ハトムギ化粧水」です。

hatomugi-lotion

巷で人気だから一応使ってみるか…と軽い気持ちで使い始めたのですが、1ヶ月使ってみたらニキビが減り肌荒れがおさまったので驚きました。

そこでハトムギ化粧水の効能や、おすすめの使い方、ニキビができる仕組みなどを調べたので紹介していこうと思います。

目次

ニキビができる仕組み(思春期ニキビ・大人ニキビ)

まずは、そもそもニキビができる仕組みについて説明します。

思春期ニキビの場合

思春期ニキビは10代の頃に多く現れるニキビです。思春期のホルモンバランスの乱れが原因で、男性ホルモンの分泌が活発になることで、皮脂分泌が増えニキビができます。

ニキビの悪化を防ぐには、余分な皮脂を洗い流して肌を清潔にしておくことが大切です。また、食事や化粧品は油分が多いものは避けましょう。

大人ニキビの場合

大人ニキビは20代以降に現れるニキビです。ターンオーバーの乱れが原因で、古い角質の毛穴が詰まってニキビができます。顎周りにできることが多いのも特徴です。

ニキビの悪化を防ぐには、ターンオーバーの乱れを改善することが大切で、睡眠をしっかりとることやバランスの良い食事が必要です。

私の場合、大人ニキビなので睡眠や食事にも勿論気を使っていましたが、根本的に改善することはありませんでした。ところが化粧水をハトムギ化粧水に変えただけでニキビが劇的に減りました。ハトムギ化粧水が私に合っていたのと、使い方を工夫したのが良かったのかなぁと思っています。

ハトムギ化粧水のおすすめの使い方

では、私なりのおすすめの使い方を紹介します。

用意するものは「ハトムギ化粧水」と、


何枚かに剥がせるコットンか、コットンパック用のフェイスマスクです。

こちらが剥がせるタイプのコットン↓

こちらがフェイスマスクです。↓


私は、フェイスマスクだと顔のサイズに合わないことが多いので、剥がせるコットンを使っています。

使い方は簡単で、コットンにたっぷりハトムギ化粧水を染み込ませてコットンパックにするだけです。

コットンを折り畳んでから化粧水を染み込ませると効率良く染み込ませることができます。

誰でもやっているような単純なことですが、化粧水をケチらずにひたひたにするのがポイントです(笑)何分もパックをすると逆に乾燥するので私は2分ほどに留めています。

その後は乳液で潤った肌に蓋をします。私は、ミノンの乳液を使っています。乾燥しないし、ベタベタにもならないのでおすすめです。乳液は厚塗りせず、薄く伸ばす程度にしています。


これを1ヶ月続けたところ、ニキビが激減し毛穴も引き締まった気がします。以前はビタミンC入りの高い化粧水を使っていましたが、それよりも私にはハトムギが合っていたみたいです。

私には高い化粧水を規定量使うより、シンプルな安い化粧水をたっぷり使うほうが良かったんですね…。

しかし安ければ良いというわけではなく、調べてみたらハトムギ化粧水の成分には肌荒れ予防に良いものが入っていることが分かりました。

ハトムギ化粧水の効果

私が使っているナチュリエの化粧水の場合ですが、「ハトムギエキス」と「グリチルリチン酸ジカリウム」が入っていました。

「ハトムギエキス」の元となるハトムギは、イネ科の植物でたんぱく質やビタミンB群、アミノ酸などを豊富に含んでいます。そんなハトムギから抽出したハトムギエキスは、肌のターンオーバーをサポートし、肌の調子を整えてくれる効果が期待される成分となっています。

ハトムギはなんとなく肌に良いんだろうなぁというふわっとしたイメージだったので、今回調べてみてこんなにすごい成分だとは知らず驚きました。

最近は化粧水だけでなく、ハトムギエキスのサプリメントも肌荒れ予防が期待される健康食品として人気があるみたいですね。私は飲んだことがありませんが、気になる方はチェックしてみてください。

美容食材としてハトムギが注目されているので、こうやってサプリメントで手軽に摂取できるのは良いですね。

次に紹介するのが「グリチルリチン酸ジカリウム」という成分ですが、あまり知らない方が多いのではないかと思います。グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の原料として知られる「甘草」の根に含まれる成分です。炎症を抑え、肌荒れの改善に効果を発揮します。

グリチルリチン酸ジカリウム は、風邪薬や抗アレルギー薬などの医薬品だけでなく、化粧品やシャンプーにも使われています。もちろんハトムギ化粧水は化粧品なので、医薬品のような明確な効果は明示していません。しかし、ハトムギ化粧水でパックしたあと、ニキビの赤みが少し引いたのはこれのおかげなのかな?と自分なりに思いました。

人によって合う・合わないがあると思いますが、「ベタベタするのが苦手」「赤いニキビができやすい」という私にはぴったり合いました!

さっぱりとした使用感でかつ赤みを抑えてくれるので、私のような大人ニキビだけでなく皮脂分泌が過剰になる思春期ニキビにも使いやすいのではないかと思います。

そんな良いことづくめのハトムギ化粧水ですが、注意点についても述べていきたいと思います。

注意点・まとめ

注意点

まず、ハトムギ化粧水は私にはぴったりはまっていましたが、全ての人に当てはまるわけではないということ。ニキビがひどい方はまず病院へ行くことをおすすめします。また、肌の問題ではなく体の中の問題かもしれません。ビタミンやたんぱく質など肌によいものを積極的に取り入れて食生活を改善しましょう。その上でニキビが治らないのなら、運動不足やストレスなど、別の原因もあるかと思います。

次に気をつけて欲しいのが、しっかり乳液まですることです。たっぷり化粧水をつけて潤った気分になりますが、蓋をしないと意味がありません。ベタベタするのが苦手な方は、ミノンのようなベタベタしないけどしっかり保湿してくれる乳液がおすすめです。

まとめ

ハトムギ化粧水の紹介は以上になりますが、いかがだったでしょうか?

今までのことをまとめると、

  • 化粧水はコットンにひたひたにつけて2分パックする
  • きちんと乳液をつける
  • ニキビにはまずは病院と生活の見直しから

という結論になりました。私の場合病院へ行っても食生活を直してもニキビ肌が改善せず、化粧水をハトムギに変えたら良くなったので、化粧水が合っていなかったのが原因だったと思われます。

高い化粧水だと買うのに勇気が要りますが、ハトムギ化粧水なら500円~600円くらいで購入できるので手が出しやすいですよね。1週間、2週間だと効果が分かりにくいので、ぜひ1ヶ月~3ヶ月くらいは続けて使って欲しいです。

私の経験が少しでも参考になれば嬉しいです。

では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です